債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい

債務整理に強い弁護士、司法書士ランキング

天音法律事務所

■女性相談員

■24時間相談受付可能

■全国対応

■電話相談:0120-319-029

過払い金報酬 20%
任意整理 139,000円〜
自己破産 要相談
個人再生 要相談

公式サイトへ

サルート法律事務所

■何回でも相談無料

■24時間相談受付可能

■全国対応

■電話相談:0120-796-690

過払い金報酬 20%
任意整理 着手金:49,800円(税別)
報酬金:19,800円(税別)
自己破産 500,000円〜
個人再生 500,000円〜

公式サイトへ

樋口法律事務所

■女性専用窓口あり

■24時間相談受付可能

■全国対応

■電話相談:0120-804-608

過払い金報酬 20%
任意整理 着手金:39,800円(税別)
報酬金:19,800円(税別)
自己破産 要相談
個人再生 要相談

公式サイトへ

↑ページの上部へ

債務整理とは?

債務整理とは、借金の額を減らし、重い金利負担から解放されるための手続きのことです。どんなに大きな借金でも、法律で整理できない借金はありません。債務整理とは、4つの方法があるものであり、それらは、過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生の4つとなります。

数年間、返済を滞納している場合にでも、債務整理は可能です。数年間にわたり延滞しているということは、通常の利息の他に、遅延損害金も発生しています。ゆえに、予想以上に借金が多くなっている可能性もあります。そこで、債務整理という方法で、借金の減額や支払い督促の停止、長期分割返済の交渉、遅延損害金の減額などを行って、完済への道筋を立てることにより、借金問題を解決に導きます。

方法によって違うメリット

債務整理とは、返済に追われる日々から逃れることができる方法です。4つある債務整理によって、それぞれメリットは違ってくるのですが、一番メリットの多い債務整理の方法は、任意整理だといえるでしょう。任意整理を行うには、弁護士や司法書士への依頼が必要です。何故ならば、個人の訴えを受け入れる金融機関はないからです。

任意整理は、弁護士や司法書士が、借金の減額、分割での支払いを要求するのですが、最近では、過払い金請求も併せて行われるケースが多くなっています。任意整理を行うと、借金の総額が少なくなりますし、月々の返済額も少なくなります。現在職に就いていて、安定した収入がある方であれば、任意整理は最適な方法といえます。

債務整理をすれば借金が少なくなる

借りれているローンを、毎月返しては借りての繰り返しをしてなかなか借金が減っていかなくて悩まれている方は、債務整理を検討してみることです。債務整理するとブラックリストに登録されてしまう悪いイメージがありますが、このまま何もせずに借金を返済をしていくよりも一度債務整理をして借金を減らしてからのほうが経済生活を再生させるのが早期になります。

過払い金が発生している可能性も

また、取引期間の長い方になると過払い金が発生している可能性があります。そうなると本来払う必要のない利息を払っている可能性もあります。そうなると、本来返すべき借金の金額は現在の残高ではなく、もっと少ないかもしれないのです。

2010年に貸金業法が改正されて金利が一斉に引き下げられましたから、それ以前からの長い取引をされている方となると減額される割合が大きくなって、大幅に借金の額を減らすことができるのです。債務整理することで、借金の返済も無理のない金額でできるようになります。

借金解決に向けた債務整理はまず相談

借金が膨らみやすいケースとは

本来日常生活に利便性を与える目的が主であるはずのキャッシングサービスに、生活がままならないほど経済的な負担を強いられているという方は少なくありません。 借金が膨らむほとんどのケースは利用者の借り方、返済計画の立て方に問題があるとされていますが、グレーゾーン金利で借り入れたお金が大きく膨らんでしまったというケースもあります。

これらの多額な借金を抱えたまま生活していると、単に完済までの年数が長くなるばかりか精神的、肉体的な疲労、ストレスにもつながり仕事が手に付かない、家でも安らげないといったことにつながりかねません。

多額の借金を抱えている方に知ってほしいこと

膨らみすぎた借金を抱えている方へ、まず検討してもらいたいものが債務整理です。 債務整理は現在の借金の一部、又は全額免除し生活再建を図るための法的措置で、借金と返済能力のバランスによって任意整理、特定調停、個人再生、自己破産のいずれかを選択します個人によってこのバランスには差が生じているため同じ借金額でも選択する方法は異なります。

まずは自身の借金額と返済能力を見直して最適な方法について調べる必要があります。 一般的には借金の一部を減額すれば返済できるレベルならば任意整理か特定調停、借金を大幅減額して返済できるレベルなら個人再生、どう考えても返済不能なレベルなら自己破産といった形になります。

債務整理の相談先の種類

債務整理について自分で調べることは勿論、法的知識のある専門家に相談することが最も重要です。 司法書士事務所か弁護士事務所などの法律事務所が主な相談先となるため、近隣に無いかチェックしてみましょう。 初回相談が無料であったり、無料の出張相談を定期的に開催している法律事務所も多いので費用面が気になる方は積極的に利用したいところです。

債務整理相談先の選び方

相談する専門家を選ぶ際に見るべきポイントは、単に債務整理実績が豊富であるというだけでなく、どの方法を最も得意としているかについて見ておいたほうが良いでしょう。 ある程度は自身の判断で選択することになるであろう債務整理方法の目星が付くと思うので、任意整理ならこれまで手がけてきた任意整理の件数、その他も同様にチェックしてから選びましょう。

話し合いながら誠実であるかどうか、依頼しても安心して任せられるかどうかを併せて見ておくことも大切です。

債務整理後のキャッシング

債務整理後にはお金を借りることが出来ないと感じている人も多いのではないでしょうか。確かに、大手のキャッシング会社などでは債務整理後数年は融資を受けることは出来ません。しかし、債務整理後でもお金が必要になるということもあります。

整理後でも貸してくれる所はある

そのような時には、大手ではなく、中小キャッシング会社を利用してみると良いでしょう。中小キャッシング会社は、大手とは異なり、独自の審査基準を設けているところが多くあります。借りることが出来る金額は少なくても、債務整理後でも融資を受けることが出来る場合もあります。

債務整理後にお金を貸してくれるところはヤミ金というイメージがありますが、必ずしもそうではありませんので、利用することを検討しても良いでしょう。

なお、大手キャッシング会社と中小キャッシング会社の違いとして、利便性があります。大手キャッシング会社ほど利便性が高いわけではありませんので、利用する際には確認するようにしましょう。

多重債務者と債務整理

人は色々な事情で借金をします。今はキャッシングというとても便利なものがあるので、誰でも簡単に借金ができます。急な出費で困った時にはとても助かります。キャッシングを利用する時には上手に使うことが必要です。そのためには必要なお金が以外は借りないことです。そして借りたら毎月の返済を確実に行うことです。

もし毎月の返済が苦しくなったら、キャッシングを利用しないことが大事です。借金を返せなくなるケースのほとんどが、借金を返すために別のキャッシングから借りるという行動を取ります。これをやると泥沼にはまり込むように借金が増え、気づいた時には複数の貸金業者から借りていることになります。

複数の業者から借りていて返せなくなった人を、多重債務者といいます。もし多重債務者になってしまったら、まず弁護士事務所に相談することが大事です。ほとんどの人が弁護士の知り合いはいないと思いますが、その時には地元の役所に相談することができます。たいていの役所には市民のための法律相談窓口などを設置していますから、そこへ相談するのです。

派遣された弁護士が相談に乗ってくれる場合もありますし、窓口のスタッフが弁護士事務所を紹介してくれることもあります。弁護士に相談すれば債務整理という方法で借金を解決してくれます。これは国が借金で困っている人を救済する措置として定めた方法なのです。合法的な解決方法なので、疚しく思う必要はないのです。債務整理はいくつかの方法があります。

任意整理

一番多いのが任意整理という方法です。これは借金の総額がそれほど多くない場合に適用されます。例えば毎月借金の返済が10万円の人が、5万円なら返済できるという場合です。このような場合は、弁護士が貸金業者と交渉して毎月の返済額を減らすように交渉してくれます。これによって毎月の返済ができるようになります。これは裁判所を通さない方法です。

個人再生

裁判所を通す方法としては、個人再生といやり方があります。これは住宅を手放さずに借金を減額できるのです。例えば住宅ローンを抱えている人が、貸金業者からも借金をしているケースに適用されます。弁護士が再生計画を作って、それが裁判所で認められると借金が5分の1から最大で10分の1まで減額されるのです。これによって住宅ローンを払い続けることができるようになり、住宅を手放さなくてすむのです。

自己破産

借金の金額が大きすぎてとても返済が無理な場合は、最後の手段として自己破産の手続きがとられます。これは裁判所に破産を申し立てて、住宅やその他の財産を処分する代わりに借金を帳消しにする方法です。身の回りの生活に必要なものは手元に残すことができますが、財産を失うことになります。しかし借金がゼロになるので、新たな気持ちで人生を再スタートさせることができます。このように債務整理をすれば借金苦から脱することができますので、早めに相談することが重要です。

過払い金請求とは?

■消費者金融などからお金を取り戻す事が可能
金融機関からお金を借りた時は、利息分も含めて返済することになります。ただ日本には高い金利と低い金利の2つがあって、以前は高い金利でお金を貸している金融機関がいました。それが最近是正されて、低い方の金利でしかお金を貸せなくなりました。

更に以前高い金利でお金を貸していた所は、過剰にとった利息を返す必要が発生しました。そのような問題を過払い金請求といい、この請求は裁判をして金融機関からお金を取り戻すことです。司法的な手続きになるので弁護士や司法書士の協力がいりますが、専門家に頼めばすぐに対応してくれます。この過払い金請求の特徴は利息分の負担だけではなく、元金の支払いについても請求できることです。

意外と大きい過払い金

なぜそのようなことができるのかといえば、過剰に利息を払っていた事が理由としてあります。過剰に利息を払っていた行為は、その分元金を早めに払っていたという扱いになります。そのため過剰に払っていた利息分は元金の返済に使っていたことになり、その分借金が早く返せていたことになります。そうなれば借金を返していた期間が、本来はもっと短かったことになります。

返済期間が短ければその分返済額も大きく減り、その減った分をまとめて請求することができます。なぜこの過払い金請求が重要なのかというと、非常に大きなお金を取り戻すことが可能だからです。この請求をうまく利用すれば、多額の資金を取り戻すことができます。過払い金請求をしても特にペナルティはないので、過去の支払いに疑問を感じたら一度相談してみるといいです。

債務整理の口コミ

払いすぎていた利息が返金されました

■複数からの借り入れ

毎月の収入から生活費や雑費などを上手くやりくりしていたのですが、たまたま付き合いや大きな買い物などで出費が重なる時期があり、収入だけでは間に合わなかったのです。対応方法を考えた結果、少しだけ消費者金融から借り入れをしようと思いつき、最初はきちんと返済出来ていたのですが、気づいたら借り入れを重ねていたのです。少しだけというつもりがだんだんと積み重なってしまい、複数の業者からの借り入れになっていたのです。

■専門家に相談

家族や友人にも言えずに困っていたら、たまたま債務整理に関してのプロの窓口があると知り、思い切って電話をしたのがきっかけです。積み重なった借金問題は一人で悩んでいても、何も良い方向には解決はしません。窓口に相談をしたところ、的確なアドバイスと今後の手続きについてきちんと話し合うことになり、後日事務所に足を運んだのです。そうすると、債務整理に関して知識を持った専門家が対応してくれまして、私が持参した必要書類をもとに借金がいくらあってどれだけの利息が返金される可能性があるという説明を受けました。

■自己破産する前に相談を

一時期は自己破産も考えた私ですが、プロの専門家に相談をしたことによってすごく助かりましたよ。払い過ぎた利子が返金されたり、複数の消費者金融から一つにまとめることが出来たり、良い方向に解決されたのです。もう管理出来ないくらいの借り入れはしないと反省し、もし借金問題に困っている方がいれば、債務整理を進めたいと思います。

プロに助けてもらった借金整理

■複数からの借り入れ

今、36歳の女性です。私には400万円の借金がありました。父ががんになり、治療費が必要になったんです。新薬を使った治療のため、保険が適用できず、全額自費ということになりました。父は今時の先進医療費が支払われるがん保険にも入っておらず、自営業だったため、十分な社会給付も受けられません。母は専業主婦でしたし、お金を用立てられるのはOLをしている娘の私だけでした。といっても派遣なので、直ぐに借りられるところといえば消費者金融だけでした。

■介護のため働けなくなった

そこで、女性向け消費者金融の医療ローンと、大手消費者金融の通常のキャッシングなど複数の業者から借り続け、2年ほどの間に400万円に膨れ上がりました。しかも、父が在宅で介護を続けることになり、働くこともできなくなって、仕事を辞めてしまい、借金だけが残ったのです。

これから先も、まだお金がかかるため、どうしていいか分からなくなりました。病院で医療費について相談に乗ってくれたソーシャルワーカーの勧めもあり、借金問題のプロに相談するのがいいと言われ、司法書士に相談をしたのです。

■債務整理で父のケアに集中できる

もっともコストを抑えて債務整理できる手段ということで、任意整理の方法を勧められました。比較的金利が低かった医療ローンはとりあえず返済していくことにし、金利が高かった3社について、直接交渉してもらうことになりました。

これにより、当面の支払い請求がストップし、介護に専念できるようになり、少し心に余裕が生まれました。また、交渉の結果、1社は金利ダウンに応じてくれ、1社は返済の猶予、1社は返済期間の延長による返済額の軽減に応じてくれました。理由が医療費の支払いということで譲歩してくれたのかもしれませんが、素人の私には到底できないことなので、プロに頼んで良かったと思いました。

更新情報・お知らせ

『債務整理の仕方』を追加しました
2016/08/14
『債務整理の種類』を追加しました
2016/08/14
『債務整理に関して家族が手伝えることは何か』を追加しました
2016/08/14
『返済に関する悩みは放置しないことが大切』を追加しました
2016/08/06
『債務整理でプロに相談する理由』を追加しました
2016/08/02
『家のローンもありながら債務整理をしたい時』を追加しました
2016/07/29
『お金をかけずに債務整理の相談をする』を追加しました
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング