債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
トップページ » 自分の地域 » 東京 » 東京・豊島区

豊島区に住んでいる人が債務整理する方法について

豊島区に住んでいる人が、借金苦から逃れるために債務整理手続きを取りたいと考えているのであれば、弁護士もしくは司法書士に相談してみるのが一番です。

債務整理相談にのっていることを宣伝している行政書士事務所が時々見受けられますが、行政書士の職務権限は非常に狭いため、料金を支払ってまで利用するメリットはありません。債務整理には様々な方法がありますが、裁判所を通して手続きを進める必要に迫られるケースが多いです。

弁護士や司法書士は本人の代理人として裁判関係の手続きを行う権限を有していますが、行政書士にそのような権限が認められていません。はっきり言って、自治体が行っている無料相談でも教えてもらえる程度の内容のことしか教えてもらうことができませんので、いくら料金が安くなっていたとしても、わざわざ利用するメリットはないということができます。  

豊島区内には債務整理業務を得意としている弁護士や司法書士がたくさんいますので、豊島区に住んでいる人が、相談できる弁護士や司法書士を見つけ出すことができずに困ってしまう心配はほとんどありません。

一昔前までは、紹介者がないと相談に応じないという対応をする弁護士や司法書士が少なくありませんでしたが、今ではそのような対応を取るところがほとんどなくなっています。俗に言うところの一見さんでも丁寧に対応してもらえるようになっていますので、安心して利用することができます。

ちなみに、弁護士を利用したい時は、事務所名が「法律事務所」となっているところを探してみる必要があります。なぜかというと、弁護士法で、弁護士が事務所を開設する場合は、必ず事務所名を「法律事務所」とすることが義務付けられているからです。よく「法律事務所」と「法務事務所」を混同している人がいますが、法務事務所には弁護士が在籍していません。  

弁護士と司法書士のどちらに債務整理を頼む方がよいのかという点については、一概に言うことができません。手数料が安くあがる可能性が高いのは司法書士ですが、債務額等に争いがある複雑な事案や、140万円を超える過払い金が発生している事案については弁護士に相談するようにした方がよいです。

なぜならば、司法書士は、訴額が140万円を超える事案や、訴訟が地方裁判所に提起されている事案では、訴訟代理人になることが法律で認められていないためです。そのような制限を一切受けずにオールマイティに訴訟代理人になることができるのは弁護士だけです。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング