債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
トップページ » 自分の地域 » 東京 » 東京・大田区

債務整理と、大田区における相談窓口

近年は、複数の貸金業者から多額の金額を借り入れて、その返済が不能になる、多重債務者が多くなっています。そのような多額の借金に苦しんでいる、多重債務者も債務整理の手続きを通して借金から解放されることができます。そのためには債務整理に対しての十分な理解が必要です。

債務整理には主に3つの手続きがあります。1.任意整理、2.民事再生、3.自己破産です。また、支払いを終えた借入金に対しても、過払いの利息を要求できる、過払い金返還請求という手続きもあります。

1の任意整理とは取引開始時にさかのぼって、利息制限法の上限金利(15−20%)に金利を引き下げて、再計算をすることによって、借金を減額し、原則としては金利をカットして、元本のみを3年程度の分割で返済することができるよう貸金業者と和解し、以後その和解内容に従って返済を続けることによって借金を整理する手続きです。任意整理の和解交渉は弁護士や司法書士が代理人となって行います。

2の民事再生とは、住宅等の財産を維持したまま、大幅に減額された借金を原則として3年間で返していくという手続きです。減額の程度は保有している財産や借金の額により異なります。減額後の借金を完済すれば、住宅ローン以外の借金については法律上返済する義務が免除されます。

民事再生は自己破産のように借金全額の返済が免除されるわけではありませんが、高額な財産(主に住宅)を処分されることもありません。 民事再生でも、個人のみを対象にした手続きを「個人民事再生」と言います。

3の自己破産とは、財産等を欠くために、借金の支払いを継続して行うことが不能な状態に陥ったことを裁判所に認めてもらい、法律上借金の支払い義務を免除される制度です。 自己破産をすると、原則としてすべての借金の支払いをする義務がなくなるので、借金に追われることなく、収入を生活費に充てることができます。

東京都の特別区である大田区では、大田区に在住、勤務、在学している方々に対して、大田区立消費者センターにて相談を受けています。また、相談専用電話に直接電話することもできます。また、土曜日や日曜日に利用できるは消費者ホットラインもあります。

その他、弁護士会に連絡を取ることもできます。大田区には弁護士会蒲田法律相談センターがあり、債務整理の相談については無料で行われています。また経済的に余裕のない方のための無料法律相談や弁護士や司法書士の費用の立て替えなどの民事法律扶助は日本司法支援センター、法テラスにて相談を受けています。

自分の借金について、他人に打ち明けることができずに苦しんでいる方々が多いのですが、早く専門家に相談して債務整理の手続きをとれば、借金の問題は解決することができます。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング