債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
任意整理とは » 任任意整理と信用情報について

任意整理と信用情報

任意整理の手続きとは債務整理の手続きの中のひとつであり、借金の総額を減額して毎月無理のない金額で原則3年以内に完済できるように返済計画を組み直して返済を開始する方法です。まずは、借金の総額がいくらかを確定させます。

それには取引履歴が必要ですので、弁護士事務所や司法書士事務所に依頼すると代わりに取引履歴を金融業者から取り寄せてくれます。借金の総額とは、これまで借りた金額である元金と現在発生している利息に遅延損害金を合わせた金額です。これが借金の総額です。

そこから取引履歴を利息制限法以下の金利に引き直して再計算をすると支払いすぎていた利息が計算されます。それを借金の総額に充てることで大幅に減額させることができます。あとは法律事務所が金融業者と交渉して借金の額や今後の返済期間、返済金額、返済方法について交渉してくれます。

任意整理をすると今後の返済は一切金利がかかることなく無利息での返済となります。毎月一定の金額を返済していくことになります。ただし、任意整理にもデメリットが存在します。それは信用情報機関に事故情報として登録されることです。事故情報つまりブラックリストとして登録されてしまうことです。

任意整理をするというのはもともと返済能力がないためにこのようになってしまうため、そのような人に金融業者は融資したいとはならないです。確実に返してくれる人に融資します。信用情報機関へは任意整理した事実が5年間残ります。信用情報から消えるまではローンを組むことは難しくなります。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング