債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
任意整理とは » 任意整理の期間

任意整理に必要な期間

借金の返済をし続けていくことが難しくなってしまった場合には、債務整理によって借金の負担を軽減することができます。一口に債務整理と言っても、任意整理、民事再生、自己破産など、様々な方法があります。実際には、裁判所を通さずに手続きすることができる任意整理という方法を選ぶケースが多いです。

これは、簡単に言うと、債権者との話し合いによって借金の総額を減らしてもらう方法です。法定の手続きを踏む必要がないので、短期間で費用をかけずに借金問題を解決することができるというメリットがあります。また、状況によっては過払い金請求をすることが可能になりますので、借金がなくなるだけでなく、払い過ぎたお金を返してもらうようなこともできます。

とはいえ、過払い金が発生していない場合であれば、借金総額をできるだけ縮小してもらい、決められた期間内に返済していくという形になります。つまり、全く返済できるあてのない人は、任意整理を利用することができません。その場合は、やはり自己破産することになるケースが多いです。

一般的に、任意整理の場合は、返済期間を3年に設定します。場合によっては、債権者が5年の返済期間を認めてくれこともあります。ただし、そのあたりについては、実際の交渉にあたる弁護士などの腕次第といった状況になっています。注意する必要があるのは、保証人がいる場合です。債務者が任意整理すると、債権者は保証人に請求をしますので、保証人に迷惑をかけてしまう可能性が出てきます。それを避けるためには、保証人と同時に任意整理を行うという方法を取ることができます。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング