債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
任意整理とは » 任意整理完済後の融資

任意整理完済後の融資

任意整理をすると、信用情報機関に任意整理をした事実が登録されます。そうなると、今後ローンを組もうとしたりクレジットカードを作成しようとしたとしても審査では必ず信用情報調査があります。その信用情報調査で任意整理をしたことが判明すれば、その時点で融資は断られてしまいます。

任意整理はたしかに借金を減額することができて手続き後は金利がかからず無利息で返済を続けていくことができますので、返済の負担は楽になります。しかし、信用情報機関に事故情報として登録される、つまりブラックリストに載ってしまうことになります。

信用情報機関に情報が登録されると、任意整理をした会社だけがその情報を知るのではなく、信用情報機関に加盟している金融機関であればその会社に申込みがあったときにすぐに判明してしまいます。信用情報機関に任意整理した事実が登録される期間はずっと永久に登録されているのではなく、5年を超えない期間登録されています。

その期間であれば、任意整理完済後であっても情報は残りますので、その期間はローンを組むことが難しくなってしまうのです。任意整理完済後でありかつ任意整理の事故発生後5年経過していれば情報が消えていますので、またローンを申込みをして融資を検討してもらうことができます。しかし、情報が登録されている最中ですが中小の消費者金融であれば任意整理完済後という条件で融資を検討してもらうえる柔軟に審査対応してくれる会社はあります。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング