債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
自己破産とは » 任意整理の費用について

自己破産の弁護士費用

任意整理とは、司法書士が債権者と返済の方法や返済の金額について、支払いが可能になるような条件での合意を成立させる手続きです。

高金利の消費者金融等と取り引きがある場合には、利息制限法による引き直し計算を行い、過去に払いすぎている利息を元本に充当して借金額を減らし、利息制限法の引き直し計算による減額後、将来の利息はカットして分割払いにするという交渉や過払い金や親族の援助などで一括返済するので借金額を減額して欲しいという交渉をしてるのが、任意整理です。 任意整理には、次のメリットとデメリットがあります。

手続き完了後の将来の利息が免除されるので、完済が早まり、利息制限法の計算により、責務総額が減少します。自由度が高い手続きのため一部の債権者だけを整理するということも可能です。デメリットとして、手続き完了後の約5年間は借り入れができなくなります。

最近では、任意整理手続きに応じてくれない業者が増えている上に自己破産や個人再生と比較すると、責務を減額させる果が高くない場合もあるようです。これは、司法書士が代理人となることができるのが、債権者の受ける経済的な利益が控訴や紛争の目的の価額が140万円以内のものに限られているためです。

任意整理の手続きにかかる費用についてですが、手続きに必要な切手代や通信費などを含んだ費用は債権者の数により変わりますが、分割で支払うことが可能なようで、通常では6ヶ月以内に費用を支払いが終える場合が多いようで、事務所に相談することで柔軟に対応してくれるようです。

なお、事務所に費用の支払いが完了後に債権者に対しての返済が開始するようにタイミングを図って、債権者との和解をまとめてくれるので、無理なく費用の支払いと債権者への返済が行えます。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング