債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
任意整理とは » 任意整理してもカード作成できるか

任意整理してもカード作成できるか

任意整理の手続きをしてしまうと、ブラックリストに載る、つまり信用情報機関に事故情報として登録されてしまうことになりますので今後クレジットカード作成したりローンを組むことが難しくなってしまうのです。

任意整理をして、信用情報に事故情報がついたからといってなぜカード作成することができなくなるのかというと、とくに法律で任意整理した人に融資をすることが禁じされているわけではないのです。その情報をどう取り扱うかは各金融業者の審査基準になります。

しかし、任意整理をしてしまうということは、借金を積み重ね行って自分ではどうするこもできなくてその解決するために法律事務所を頼るのであり返済能力がない返済管理する力がないからだともいえます。そうなると、いくら年収が高い人であっても借りたお金を返すくらいの簡単なことができない人に貸す気持ちにはなれないのです。

金融業者にしてみれば貸したお金を確実に返してくれる人にお金を貸したいのは当然のことなのです。任意整理をすると今後クレジットカード作成したりローンを組むこと必ずできなくなるかというと、情報が登録されている期間は最大で5年間ですので、期間経過し情報が消えていれば融資を検討してくれる可能性はあります。

しかし、5年間は長いです。中小の消費者金融によっては、任意整理をしていたとしても完済をしていれば融資は検討してくれるなど、柔軟に審査に対応してくれる会社はあることはあります。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング