債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
個人再生とは » 小規模個人再生の流れ

個人再生の流れ

小規模個人再生とは、債務整理の中の個人再生という手続きの一つです。個人再生の手続には、小規模個人再生と給与所得者再生という2つの手続がありますので流れを理解する事が大切です。小規模個人再生は、給与所得者再生よりも返済額が少なくなるなどのメリットがあり多くの人が行っている手続きです。

この手続きを行うには、条件があります。債務者が、将来的に継続して安定した収入を得る見込みがあるということが必要です。小規模個人再生の大きな流れとして、再生債権を3年間で返済する再生計画案を作りそれについて裁判所の許可を得ます。

それからその債務を期限通りに遂行し、再生計画で返済していない債務を免除してもらうという手続になります。個人再生の大きなメリットとしては、自己破産などと違って持ち家を持っている場合は手放すことなく、債務を返済することができるという点です。

また手続きが終われば、強制執行が行われないため給与などの差し押さえなどの心配がなくなります。しかし、メリットもあればデメリットももちろんあります。返済期間中はブラックリストに載ってしまうので、借り入れやローンを組むことができません。

また、住宅ローンは減額もされないため支払い続けなければ行けません。その他、この手続きを遂行するには債務者の過半数の同意が必要になる、などさまざまなデメリットもあります。ですので、小規模個人再生を行うには流れや条件をはじめ、メリット、デメリットを良く知っておくことが必要です。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング