債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
過払い金請求とは » 過払い金請求のリスク

過払い金請求のリスク

過払い金請求は個人でも手続を行う事が可能で、弁護士、司法書士に依頼する事でも行う事ができます。過払い金は金融業者に請求することで意外と簡単にお金が返ってくるのですが、過払い金請求にリスクはあるのか?

過払い金が返還されない

過払い金請求には期限があり、最後に取引した日から10年が期限となります。このことから金融業者へ借金を完済時の返済が最後の取引となり、その日から10年経ってしまうと過払い金請求をする事ができなくなってしまいます。実際に過払い金請求の期限を過ぎてしまった方も多く、かなりの金額を払いすぎたまま取り返す事ができない状態になるかたもいます。そうならないためにも一日でも速く過払い金請求する事が重要になってくるのです。

金融業者が倒産する

金融業者も過払い金請求をされることによって経営が圧迫しているのが現状で実際に倒産まで追い込まれる会社もあるくらいです。会社が倒産してしまうと過払い金請求を行っても返還される金額が少なかったり、全く返還されない事もあるのです。

大手消費者金融などは過払い金請求の件数が減少している事から倒産するリスクは少なくなってきてはいますが、返還するお金が少なくし、一日でも遅らせたいことに変わりありません。中小の消費者金融などは倒産のリスクを抱えている所が多くなってきていますので、中小の消費者金融などから過去に借金をしている、現在返済中のからはすぐにでも過払い金請求をする事をおすすめします。

実際に倒産した業者
  • 武富士
  • SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)
  • クラヴィス(リッチ、ぷらっと、クオークローン)
  • アエル(日立信販)
  • NISグループ(ニッシン)
  • 丸和商事(ニコニコクレジット、アイリス、e-NIKO)
  • クロスシード(ネオラインキャピタル、かざかファイナンス、ライブドアクレジット、ロイヤル信販、ロイヤル・ローン)
  • 家族などに借金をしていた事実がバレるリスク

    経験の浅い司法書士、弁護士に過払い金請求の依頼をした場合、郵送物の差出人を司法書士、弁護士事務所からにしたり、本人が不在のときに家や職場に電話をされることもあります。この事がきっかけで借金をしていた事が周囲の人にバレる事があります。

    自分で過払い金請求を行う際は、自分自身で消費者金融などを交渉したりするので仕事中に職場にいきなり電話が掛かってきたり、郵送物が金融業者の会社名だったりとバレるリスクがあります。裁判まではってした場合にも、裁判所から結う外渕が届くので注意が必要です。

    過払い金請求を専門としている事務所は差出人が分からないように郵送物を送ってくれますし、電話をする際もあらかじめ電話に対応できる時間を聞いてその時間に電話してくれるのでバレるリスクがかなり軽減されます。もし弁護士、司法書士に依頼するのであれば過払い金請求を専門としている事務所に依頼する事をおすすめします。

    実際に倒産した業者
  • 司法書士、弁護士からの郵送物、電話
  • 裁判所からの郵送物(裁判まで)
  • 消費者金融などからの郵送物、電話
  • 債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
    債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング