債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
過払い金請求とは » 過払い金請求の返還請求期限と期間

過払い金請求の期限、期間

出資法が改正され、借入金額に応じて上限利息も改められました。例えば、借入金額が10万円未満の場合、上限は20%です。これによって、新しい上限利息を超えて返済していた利息のうち、超過した部分を過払い金と言って、金融業者に対して返還請求ができます。出資法が改正される前に、上限利息を超過して返済していた人は多いと思います。

この過払い金請求は、過去に遡って行なうことができますが、期限は10年とされています。これは、「最後に取引を行なった日から10年を期限として過払い金請求ができる」という意味です。最後に取引を行なった日とは、現在も返済中であれば最後に返済した日であり、既に完済していれば最終満了日ということになります。逆に、10年の期限を超えている場合、過払い金請求の権利が失効します。

さらに、少し特殊なケースとして、過去に一度、返済が完了した後で、同じ業者から再び借り入れる場合があります。この時、最初に完済した日から10年を超えていても、2回目に借り入れた分の最終返済日が10年以内であれば、これら2つの取引を1つと見なし、併せて過払い金請求を行なえる余地があります。

このケースでは、裁判所の判断も分かれ、1回目の完済日と2回目の開始日との期間が問題になるようです。その期間が短ければ1つの取引と見なされやすく、長ければ別の取引と見なされます。もちろん、期間だけでなく、両者の契約内容の相違も重要な判断材料になります。このケースでは一度、弁護士に相談して、金融業者と交渉することが得策かと思います。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング