債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
過払い金請求とは » 過払い金請求の計算

過払い金請求の引き直し計算

消費者金融に対して過払い金請求をするためには、まず利息の引き直し計算をする必要があります。個人が消費者金融からお金を借りる際には、利息制限法という法律が適用されることになっています。この法律で、元金10万円未満は年20.0%、10万円以上100万円未満は年18.0%、100万円以上は年15.0%という上限利息が定められています。

しかし、2010年に貸金業法が大改正されるまでは、この利息制限法に違反する金利を取っていても、出資法の上限利息を超えていない限り、金融業者には何ら罰則が課せられないことになっていました。しかし、2010年の法改正によって、差額分の金利の違法性が明確にされたため、過払い金請求ができるようになったのです。

ただし、過払い金請求するためには、先ほども述べた通り、適法な金利であった場合の支払総額はいくらであったのかを計算する引き直し計算を行う必要があります。具体的には上述した適法な利息で金利の計算を行い、実際に支払った総支払額から差し引くことになるのですが、これが簡単なことではありません。

なぜ簡単ではないのかというと、初回の借入とは別に追加借入をしていたり、途中で何回か返済しているようなケースがとても多いためです。実際に行われた分割返済や追加借入などの状況に合わせて細かく計算していく必要がありますので、何の知識も持っていない個人が行うのはほぼ不可能です。そのため、ほとんどの人が司法書士などの専門家のサポートを受けています。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング