債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
過払い金請求とは » 過払い金請求の条件

過払い金請求の条件

消費者金融などからお金を借りた場合に、完済した時に返済し過ぎていることがあります。つまりお金を払い過ぎて完済していることになり、これを過払い金と呼んでいます。そして過払い金の請求には、クレジットカードやキャッシングもあてはまります。この払い過ぎたお金を返還してもらうことができ、そのためにはお金を借りた消費者金融などに請求する必要があります。

まず過払い金請求には、請求するための条件があります。一つ目は、借りたお金の利率が法律で決められている制限の金利を超えていることです。法律で決められている金利を超えている場合は、違法になるため過払い金請求ができることになります。そして高い金利でお金を借りて完済している場合は、必ず過払い金が発生しています。特に長期にわたってお金を借りていた場合は、過払い金が多く発生していることが多いです。

次に二つ目は、初めて過払い金請求をすることが条件になります。ただし上記の条件にあてはまらなくても請求することはできる場合があるので、弁護士や司法書士などに相談することが必要になります。最後に過払い金請求の条件として、完済してから10年以上を超えている場合は、請求の権利が時効になってしまい消滅してしまいます。

しかし裁判で請求が認められる可能性もあり、やはり弁護士などに相談することが必要です。その他にも現在弁済中の人でも5年以上経過している場合は、過払い金請求ができる可能性が高くなります。そして上記にあてはまらなくても、返済を減額できる場合があります。このように過払い金請求は条件によって、払い過ぎたお金を返還してもらうことができますが、条件にあてはまらなくても返還の可能性があります。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング