債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
過払い金請求とは » 過払い金請求権の消滅時効

過払い金請求権の消滅時効について

本来払う義務のない金銭を誤って支払った場合、その金銭を受け取った相手方に対し、それを返してくれるように請求することができます。相手方は、法律に基づかない給付を受けたことになりますので、不当な利得を得ていることになるのです。払う必要がないのに支払ってしまったお金のことを過払い金と呼ぶのですが、数年前にグレーゾーン金利が完全撤廃されたことを受けて、一時は過払い金請求ラッシュとも言えるような状況が発生しました。

これは、利息を規制する法律が利息制限法と出資法の二本立てになっていることが原因で発生した問題です。そもそも個人に対する貸付金利は利息制限法に従わなくてはならないことになっているのですが、それに違反しても出資法の上限金利を守っている限り罰則が課せられないことになっていました。また、この差額分をみなし弁済と認めるという曖昧な運用がなされていたために、多くの人が高い金利でお金を借りていたのです。

しかし、法律の改正によって、グレーゾーン金利が違法であることが明確にされたため、過払い金請求ができるようになりました。ただし、過払い金請求権は10年で消滅時効にかかるので、注意する必要があります。一般的な商事債権は5年という短期消滅時効が適用されることになっていますが、消費者金融に対する過払い金請求権は商事債権の一種とはみなされないことになっていますので、10年で消滅時効にかかります。また、時効の起算点は最後の取引がなされた時とされています。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング