債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
過払い金請求とは » 過払い金請求を自分で行う場合

過払い金請求を自分で

2006年より以前にキャッシングされた経験のあるかたは、払い過ぎた金利を取り戻すことができます。しかし請求といっても取り立て請求をするだけでは返金は行われません。正しい返還請求、正しい請求金額の算出、身分証明など法的にも定められた方法で手続を行う必要があります。

過払い金請求を自分で行うということは自分て計算し自分で書類を揃える必要があるのです。法律事務所に手続きを任せるという方法が一番確実で理想的なのですが取り返せる利息に見合わない手数料がかかってしまうので、出来ることなら自分で過払い金請求を行うことが理想的です。

さて今やネット時代です。解らないことは全てネット検索で解決します。まず請求には履歴データーが必要です。いつどれだけ借りていくら支払ったかの事実証明です。これはクレジット会社に請求すれば郵送で送られてきます。数週間で取引履歴が送られてきます。

さてここから一番厄介な引き直し計算が必要になります。法定金利よりも払い過ぎた利息がいくらなのかを確実に計算しないと請求書にはなりません。ここでもネットを利用して自動計算をしてくれる便利なソフトを利用することができます。有料ソフト版でも試用期間で利用できるものも沢山あります。

後はキャッシング会社から郵送されてきた計算書のコピーと過払い金請求書(返還請求書)に計算通りに記載し返送するだけです。1週間位でクレジット会社の印鑑が押された和解合意書が2部送り返されてきますので署名捺印して返送です。これで一連の請求は完了です。

実際に自分でやってみると簡単にすみますが、債権者が銀行系でない場合には少し厄介な場合もありますので、その時は法律相談ということで対処してみてはいかがでしょうか。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング