債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
自己破産とは » 自己破産をした時の連帯保証人

自己破産したときの連帯保証人

金融機関からの借入れが大きくなって返済が難しい時は、何らかの債務整理をしなければいけません。その方法は複数ありますが、一番効果的なやり方として自己破産があります。この破産処理方法は借金をすべて消すことができますから、借金返済に悩んでいる方に向いています。

手続きの方法は裁判所を通して行うので、専門の弁護士や司法書士に頼んで手続きをしてもらいます。専門家に頼めばすぐに手続きをしてくれるので、思ったよりも簡単にすることができます。ただこの自己破産にもデメリットがあって、この破産処理をすると暫くお金を借りることができなくなります。

その期間は数年ほどですが、もっと長期化することもあります。また自己破産をした時に本人の借金はなくなるのですが、連帯保証人の借金は減りません。そのため借金の連帯保証人がいると破産処理で借金をなくした時に、その借金が連帯保証人のところへ行きます。

このような問題があるのでこの破産処理をする時は、事前に保証人と話し合いをしておいたほうがいいです。またこういう保証人の問題を解決したい時は、保証人も破産処理してもらう方法もあります。保証人も自己破産をすれば借金はなくなるので、効率のいい方法になります。

ただ破産処理をすると色々ペナルティがあるので、保証人の方が納得できるかどうかは確認すべきです。借金の整理方法は色々ありますが、自己破産をする時は連帯保証人との話し合いが重要になります。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング