債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング

債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

依頼した後悔より、依頼しなかった後悔の方が大きい
自己破産とは » 自己破産による家族への影響

自己破産は家族に影響があるのか

自己破産による家族への影響について説明します。まず自己破産とは、借り主の申立てにより、裁判所で行われる債務整理の手続きのことを言います。簡単に言うと、借金をすべてなくすことです。

しかし、リスクがともなうので本当に返済が困難な場合のみ行うことです。家族への影響も考えて、慎重に行動することが大切です。 自己破産をすると、本人にはさまざまな制限が生まれます。まず、マイホームや車を手放さなくてはならないことです。自己破産をすると、基本的に価値のあるものは全て手放すことになります。

次に、一定の職業につけなくなることです。弁護士・行政書士・警備員などの職業につけなくなります。

次に、クレジットカードの発行や銀行からの借り入れが難しくなるということです。自己破産すると、信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまうためです。

ただし期間があり、5〜7年経てば登録から消去されます。消去された後は、銀行からの借り入れはできるようになります。 そして自己破産による家族への影響ですが、連帯保証人にでもならない限り大きな影響はないです。そのため、家族の方がクレジットカードを作ったりする場合に、ローン審査が不利になることはないです。

しかし、少なからず家族への影響はあります。例えば、マイホームを失うことによる影響です。引っ越さなければならなくなるので、家族にも迷惑がかかることには間違いありません。家族のためにも、借金を作らないことです。

債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング
債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング